• トップページ
  • 制作事例
  • お客様の声
  • お客様インタビュー
  • カンタンお見積りお問合わせ
  • インテリアオプション販売との違い
  • こだわりの食器棚制作の流れ
  • 雑誌で紹介されました
オーダー食器棚
  • オーダー食器棚とは?
  • メリットとデメリットの解説
  • 家族と食器棚
  • オーダー食器棚のある生活
  • 完成までの期間
  • 制作事例
  • お客様の声
  • お客様インタビュー
最高の食器棚を作るために
  • デザインを考える際のポイント
  • 失敗しないための3つのポイント
  • 品質を決める5要素
  • 仕上がりが分かれるポイント
  • 徹底したご要望のヒアリング
  • プロだからこそできるアドバイス
安心して頂くために
  • 返金保証
  • 後払い
  • 女性スタッフ
  • アフターメンテナンス
参考価格
  • 価格
  • お支払い方法
ブルーデザインのご紹介
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • 設計事務所紹介
  • スピード対応
  • よく頂くご質問
  • こだわりのオーダー食器棚
  • ブログ
住宅と家具のアドバイス
  • デザイナーズ家具の選び方
  • 量販店の家具の選び方
  • 寸法、サイズのはかり方
  • カンタンお見積り
  • お問合わせ
  • 特定商取引法
  • 個人情報保護方針

こだわりのオーダー食器棚

ここでは、当店のこだわりをお伝えしたいと思います。

デザイン性へのこだわり

どんなに有名なデザイナーが作った家具でも、お部屋の中に納品してみると、途端にデザイン性が損なわれることがよくあります。これは、食器棚単体が優れていても、お部屋全体としてみたときのバランスがくずれてしまうからです。

当店のスタッフは、建築士の資格と経験も持っています。家具だけを作る家具職人ではなく、家具も作る建築士です。だからこそ、お部屋全体のデザイン性を考慮した、バランスの良い設計にこだわることができます。

実用性へのこだわり

当店のヒアリングの中では、これまでの生活で「不満」や「不便」に感じていたこともお尋ねします。というのも、どれほどデザインが良くて、優れた機能が付いていても、毎日の生活の中でうまく使えなければ何の意味もないからです。
デザイン性はもちろんですが、まずは実用性を前提にした設計にこだわります。

レールがない引き出し
レールがないため、ひきだしの開け閉めが大変。

「お客様のこだわり」へのこだわり

私たちはまず、お客様のこだわりを徹底的にヒアリングさせていただきます。ヒアリングの後は、お客様のこだわりを実現するためのプランを、いっしょに煮詰めていきます。

業者によっては、短いヒアリングだけをして「あとはプロに任せておけばいいんだ」と強引に仕事を進めることがあるようです。当店では、いったん設計を終えた後でも、お客様がお気に召さなければ何度でも設計をやり直します。こだわりの食器棚を創り上げるためには、一切の妥協はいたしません。

材質・素材へのこだわり

キッチンに合わせた食器棚を制作するためには、同じ色・同じ材質の素材を使用することが不可欠になります。
そのためにはまず、制作する人間は、キッチンに使われている素材を見抜けなければいけません。そして、その素材を入手するルートを確保していることも、同じく重要になります。
私たちは、建築士としての業務経験から得た知識や仕入れルートを、最大限に駆使します。ですから自信を持って、あなたのキッチンに最適な素材をご提案することができます。

レールがない引き出し
大理石の模様も合わせます。

安全へのこだわり

新しい家具から発生するホルムアルデヒドなどの有害物質は、シックハウス症候群の原因となります。
当店の食器棚で使用している材料は全て、改正建築基準法の安全基準で「F☆☆☆☆(フォースター)」という、最高水準の安全性を持ったものを使用しています。シックハウス症候群をご心配されている方にも、安心してお使いいただけます。

また、食器棚は天井に届くほど大きい家具です。大きな地震が起きて万が一にも倒れてきたら、お皿やグラスが飛び散って大惨事になってしまいます。
当店では耐震ラッチを設置して、食器棚が倒れない工夫をしております。食器棚内部に食器や家電等を入れても、倒れてこないことを確認しておりますので、ご安心ください。

「F☆☆☆☆(フォースター)」の製品証明書 JIS規格準拠の証明書
「F☆☆☆☆(フォースター)」の製品証明書 JIS規格準拠の証明書

レールがない引き出し


耐震ラッチ。
地震が起きた時に作動して、中の食器などが飛び出すのを防ぎます。

環境へのこだわり

多くの業者が、食器棚を納品する際に、エアキャップ(プチプチがついたビニール)を使っています。しかしエアキャップは再利用ができないので、納品終了後はゴミになってしまいます。
一方、私たちは、食器棚は毛布などを使用して梱包しています。再利用可能な梱包材を使うことによって、少しでも地球の環境のためになればと思っています。

過去の施工実績

私たちは、これまで1162件のオーダー家具を作ってきました。
そのうち、食器棚は394件です。(※2010/6月現在まで)

このホームページには、お客様から掲載許可をいただいた制作事例を紹介しておりますので、ぜひご覧になってください。

>>過去の制作事例はこちらから

 

これまで施工させていただきましたお客様から、たくさんのお喜びの声をいただいております。

>>お客様の声はこちら

お客様からの感謝のお言葉が、私たちにとって何よりの喜びです。
本当にありがとうございます。

お電話での相談申込はこちら 0120-953-582 電話受付時間 平日10:00〜18:00メールでのお問合わせはこちら