• トップページ
  • 制作事例
  • お客様の声
  • お客様インタビュー
  • カンタンお見積りお問合わせ
  • インテリアオプション販売との違い
  • こだわりの食器棚制作の流れ
  • 雑誌で紹介されました
オーダー食器棚
  • オーダー食器棚とは?
  • メリットとデメリットの解説
  • 家族と食器棚
  • オーダー食器棚のある生活
  • 完成までの期間
  • 制作事例
  • お客様の声
  • お客様インタビュー
最高の食器棚を作るために
  • デザインを考える際のポイント
  • 失敗しないための3つのポイント
  • 品質を決める5要素
  • 仕上がりが分かれるポイント
  • 徹底したご要望のヒアリング
  • プロだからこそできるアドバイス
安心して頂くために
  • 返金保証
  • 後払い
  • 女性スタッフ
  • アフターメンテナンス
参考価格
  • 価格
  • お支払い方法
ブルーデザインのご紹介
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • 設計事務所紹介
  • スピード対応
  • よく頂くご質問
  • こだわりのオーダー食器棚
  • ブログ
住宅と家具のアドバイス
  • デザイナーズ家具の選び方
  • 量販店の家具の選び方
  • 寸法、サイズのはかり方
  • カンタンお見積り
  • お問合わせ
  • 特定商取引法
  • 個人情報保護方針

インテリアオプション販売との違い

住宅購入の手続きが完了すると、ある日、自宅の郵便受けにチラシが舞い込んできます。
「販売会へのご招待!」
これが、インテリアオプション販売会への招待状です。

インテリアオプション販売とは?

インテリアオプション販売会とは、住宅の購入先であるディベロッパーのグループ会社が企画するものです。
この販売会では、エアコンや照明、カーテンなど、インテリア全般が販売されています。

以下には、インテリアオプション販売会のメリットとデメリットをまとめましたので、ご覧ください。

インテリアオプション販売のメリット・デメリット

メリット

インテリアショップを探す手間が省ける

住宅と同時に、必要となる家具やインテリア全般を同時に購入することができます。これなら数多くの専門店を回る必要がなく、手間がかかりません。
また、コーディネーターがお部屋全体のバランスを考えてインテリアを提案してくれる場合もあります。

ローンに組み込める場合がある

オプション販売会は、住宅を購入したディベロッパーのグループ会社が開催することがほとんどです。ですから住宅のローンにインテリアの料金を組み込めることもあります。

デメリット

住宅と一緒に買うので、冷静に判断できない場合がある

販売会で購入するインテリアの料金は、住宅ローンに組み込める場合があります。
住宅ローンの金額に比べればインテリアの金額は小さな額なので、冷静に判断できない場合があります。
また限られた時間内でのお買い物になる場合も多いので、注意が必要です。

販売する側の側の力量によって提供されるサービスに差が出る

照明やエアコンなど既製品であれば品質にムラはありません。しかしオーダーメイドな家具などは注意が必要です。
お客様が望んでいるデザインや機能が販売する側の意識や技量の違いで、出来上がりが異なってくるからです。
手間は掛けたくないという姿勢が見られたときは、注意が必要です。

オーダー食器棚との違い

販売会の食器棚と、オーダー食器棚との一番の違いは、お客様の自由度です。 オーダー食器棚なら、色や素材、大きさや形を、自由に組み合わせていただけます。
また「この金額以内で作ってください」という相談にも応じておりますので、お値段に沿った設計の変更も自由です。
こだわりの機能やデザインといった、ご自身の理想を叶えたい方にとって、オーダー食器棚が、最適な方法といえます。

お電話での相談申込はこちら 0120-953-582 電話受付時間 平日10:00〜18:00メールでのお問合わせはこちら